漢方薬は日本で独自の発展を遂げたもの

土曜日, 12月 6th, 2014

漢方薬は中国の伝統医学の一つでありますが、日本では鎖国により独自の発展を遂げ、漢方医学の理論が形作られました。その理論に基づき、日本では漢方薬が処方されています。
漢方という言葉も日本が生み出したものであり、現在における日本の漢方は日本独自のものとなっています。
漢方薬は自然に存在する植物や鉱物の中から、薬効の効果を持つものだけを選び出し、組み合わせて作られた薬です。自然にあるものを使って作られた薬ではありますが、場合によってはアレルギーなどの副作用が起こることもあります。
また漢方薬と漢方薬、あるいは漢方薬と西洋薬の飲み合わせは非常に危険です。互いの薬の作用が悪影響を及ぼす可能性があるからです。同じ効果を持つ飲み合わせは禁忌とも言われており、もし飲んでしまったら偽アルドステロン症といった症状を引き起こす場合があります。
漢方薬を一気に服用することは良い効果をもたらすとは限らず、体調が悪くなる可能性のほうが高いのです。

漢方薬の特徴や効能について

土曜日, 12月 6th, 2014

漢方薬を活用して健康維持している方も多いですが、漢方薬というのは中国の漢方医学の理論に基づき処方される薬です。

原則として二種類以上の天然生薬から作られており、植物や動物、鉱物由来から成立しています、生薬数種の組み合わせによって効果を発揮するものです、漢方薬の利点としては未病症状に効果を発揮出来る利点があります。

病院等の検査でハッキリと病状が解ったり、異常が発見されないような症状でも、漢方薬を利用する事で治療を促す事が出来ます、何となく体の調子が悪いとか、吹き出物が多い、体が冷えたり怠さがあるというような体調が崩れた状態に効果的な漢方薬は数多くあり、それぞれのバランスの崩れた状態にあった薬があります。

体全体のバランスを整っている事を健康と言えるのですが、漢方薬では心身の調子が崩れた曖昧な状態にでも効果を発揮できるというのは大きな利点と言えます。

どういった薬を使えば良いか解らない場合は専門知識を持った方に症状を伝えて処方してもらうと良いでしょう。